ボルジア家のまったりとした日々


FF14を中心とした手記のページです。Aegisサーバーで活動中
by veneziacdx
最新の記事
3.2~3.4を振り返って
at 2017-01-16 21:05
3.0~3.1を振り返って
at 2016-01-22 19:55
いよいよパッチ3.0のこと
at 2015-06-18 20:44
戦記のこと
at 2015-01-04 01:03
パッチ2.4の近況のこと
at 2014-11-18 00:04
課金切れ一周年のこと
at 2014-10-08 00:24
パッチ2.3~2.38までの..
at 2014-09-24 00:21
パッチ2.3が来ますねー
at 2014-07-06 14:25
サーバー移動しました
at 2014-05-18 01:28
5層が終わらないのこと
at 2014-05-04 00:53
最新のコメント
>まきずしさん Bel..
by veneziacdx at 00:26
ウチはanima鯖(゚∀..
by まきずし at 17:47
うちもまだ1冊目の途中で..
by veneziacdx at 23:58
アートマ集めおめでとーヽ..
by まきずし at 11:25
>まきずしさん バハム..
by veneziacdx at 23:48
ウチもバハ行くようになっ..
by まきずし at 16:00
記事ランキング
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ

合奏スキル:子守歌の睡眠確率について

子守歌。
合奏スキルの子守歌。
ググってみたものの、その睡眠確率について検証した話が全然出てこない子守歌。

e0076367_0355435.jpg

そんな訳で、簡易的に検証してみる事にしました。




------------------------------------

< 準備したもの >

バード  レベル99 INT 56 (最大 INT 76)
ダンサー レベル99 INT 104 (最大 INT 121)

睡眠被験者 レベル93 INT 13 LUK 6


< 基本データ >

睡眠の成功率は、以下の計算式が現在もっとも信憑性があるとされている。

・基本成功率 × (100 - INT) + (使用者LV - 自LV - 自LUK) ÷ 10


※ 子守歌はこのうちの「基本成功率」が不明であり、
  使用者のINTに依存するという情報のみが流れている。


< テスト方法 >

※ バードダンサーに レベル99 の者を使用し、
  睡眠被験者に レベル93 LUK6 の者を使用する事によって
  睡眠成功率の後半の項を0にする。

子守歌の「使用者のINTに依存」が
発動者なのかバードダンサーのINT平均値なのか不明である為、
テストはバード・ダンサーそれぞれ400回ずつ発動させて
睡眠成功回数を測定した。

テストは、ダンサーバードのINTを変えた(A)(B)の2通りで実施。

(A):バード INT56、ダンサー INT 104 で実施
(B):バード INT76、ダンサー INT 121 で実施

------------------------------------

< テスト結果データ >

※ それぞれ400回ずつ発動

(A)

バード  INT 56
ダンサー INT 104

  平均 INT 80


バード  睡眠成功確率 30.9%
ダンサー 睡眠成功確率 28.1%

  平均成功率 29.5%


(B)

バード  INT 76
ダンサー INT 121

  平均 INT 98.5


バード  睡眠成功確率 35.1%
ダンサー 睡眠成功確率 36.5%

  平均成功率 35.8%

------------------------------------

< 考察 >

(1)◎ INTが高いほど睡眠確率が上昇する、事は間違いないと思われます。

(2)○ 計算に使用するINTは発動者ではなくバードダンサーの平均値であると予想されます。

(3)△ 単純な線形と考えると 基本成功率 = 0.4 × INT + 2.5 [%] くらい?


     ・  ・  ・

(1)について

 INTの高いテストBの方が明らかに睡眠成功率が上がっていますので
 INTが高いほど成功確率が上がるというのは間違いないでしょう。

 平均INTが20増えるだけで結構成功率が上がっている様に見えます。

(2)について

 テストに使用したバードとダンサーのINTは倍半分くらいの差がありますが
 成功率にはほとんど差が出ませんでした。
 テストAに至ってはバードの方がちょっと成功率が高いくらいですので
 計算に使用されるINTは発動者のものではなく両者の平均値であると予想されます。

(このテストだけでは、平均値ではなくどちらか一方のINTで代表している可能性を否定できないので。)

(3)について

 このテストではデータ数が少なすぎるので
 これだけで計算式を引っ張り出すのは乱暴なのですが、
 目安程度の指針は欲しいのであえて線形で近似してみました。

 今回のデータから算出される純粋な計算式は
  Y = 0.391 X + 2.59
 なのですが、データ自体もまだ800点ずつと少なく振れもあるので
 それなりにキリのいい数字でまとめて
  基本成功率 = 0.4 × INT + 2.5
 としてみました。

 INT20で睡眠確率が5%上がる、という概算です。

------------------------------------

< 補記 >

近似式の有意性はともかくも、
実データとして 30% 前後成功してるのは結構驚きです。
もっと成功率が低いと思っていました。

この成功率から導き出される基本成功率は 35~40% くらいなので
スリープアロー(基本成功率20%)よりも高いんだなぁ
という事が分かりました。
[PR]

by veneziacdx | 2010-04-17 18:15 | 子守歌の検証 | Comments(0)
<< 20100418 GvGのこと Umbilicus >>